筋肉や臓器を作るもととなり、

丈夫な体を作るためには必要不可欠な成分、それがたんぱく質です。

たんぱく質といえば、やはり肉や魚が豊富とされていますが、

大豆も畑のお肉と呼ばれるだけあって、

良質な植物性たんぱく質を豊富に持っています。

でも植物性たんぱく質は体内に吸収されにくいという話も聞かれるんですね。

では大豆が発酵した納豆ならどうなの?

1パックにはどのくらい含まれてるの?ちゃんと吸収できるの?

今回はそんな疑問にお答えすべく、調べてみました。

納豆 たんぱく質 含有量 1パック 吸収 筋肉

とっても大切なたんぱく質

たんぱく質といえば、肉や魚、乳製品に多く含まれる体のエネルギーとなる栄養素です。

筋肉だけでなく、臓器や皮膚、血液の細胞、遺伝子などにも深く関わってくることから、

体を作る上では、なくてはならないものだということがわかりますね。

ですがどうしても【太る】というイメージが抜けないたんぱく質。

これは肉などのたんぱく質を摂りすぎた場合、

過剰分が脂肪へと変換されてしまうからなのですね。

だからといって、不足すると体力が低下したり血管がもろくなったりするそうです。

髪の毛や爪のもとにもなっていますから、たんぱく質を抜いてダイエットなどをすると、

髪の毛はパサパサになり、お肌もボロボロ、免疫力も低下と悪いことしか起こりません。

たんぱく質とはアミノ酸が結合して出来たもの

実はたんぱく質は、食事などで体内に摂取された後、20種類のアミノ酸に分解されます。

その後、体内で再びそれぞれのアミノ酸が結合して、

必要なたんぱく質が合成されるのですね。

しかし問題なのは、たんぱく質を構成している20種類のアミノ酸のうち、

9種類は体内で作り出すことができないということです。

それはつまり、【食事で補わなければならない】ということです。

生活する上でたんぱく質を抜くことは、不足分を補えないということになりますから、

筋肉量が落ち、体力の低下につながるのも頷けますね。

この食事で補わなければならない9種類のアミノ酸は、【必須アミノ酸】と呼び、

この必須アミノ酸をバランスよく含んでいるたんぱく質のことを

【良質たんぱく質】といいます

たんぱく質が多い食べ物って?

たんぱく質が多い食べ物といえば、

やはり動物性たんぱく質の肉や魚類が筆頭にあげられるかと思います。

ただ、動物性たんぱく質には必須アミノ酸が多く含まれ、吸収率も良いのですが、

脂質やコレステロールも多く含むため、摂りすぎると太るといわれているのですね。

では【畑のお肉】と呼ばれる大豆はどうでしょうか?

こちらは植物性たんぱく質であり、

脂質も少ないのでダイエットに最適な低カロリー高たんぱくな食品です。

ただし植物性たんぱく質は腸での吸収率があまり高くないといわれています。

スポンサードリンク

納豆1パックのたんぱく質含有量は7gほど

納豆1パックは大体45gくらいですが、1パックには7gほどのたんぱく質が含まれています。

肉類だと100g中、約15g。卵1個だと6gほどですから、納豆も負けてはいませんよね。

ちなみに成人が1日に摂取しなければならないたんぱく質量は、

特に運動をしていない人の場合は男性で50g、女性で40gだそうです。

過剰摂取した場合でも尿として排泄されるのですが、腎臓機能に負担をかけるため、

慢性化すると腎機能障害につながったりします。

また、カルシウムの排泄量も増すことになり、骨粗しょう症のリスクも伴いますので、

やはり摂りすぎには注意ですね。

まとめ

いかがでしたか?

納豆には他にも食物繊維や、血液サラサラにするナットウキナーゼなど、

たくさんの栄養がつまっています。

筋肉量を増やし、免疫力を高めて健康な毎日を送るためにはかかせないものですね。

ただしたんぱく質の摂取は、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質、

両方からまんべんなく摂ることが望ましいとされていますので、

納豆だけ食べておけば大丈夫!というわけでもなさそうです。

色々なものを食べてご自身の体と向き合い、毎日を快適に過ごしていただきたいものですね。

check健康の源♪納豆菌を効率良く摂取したい方はこちら➹
スポンサードリンク