納豆のイソフラボンは血糖値の上昇を抑える作用があります。亜鉛も必要な成分なのですが、過剰摂取は亜鉛を排出しようとして下痢になります。また、貧血などの症状も引き起こします。食物繊維と亜鉛の効果について考えて見ましょう。

納豆 食物繊維 血糖値 下痢 亜鉛

食物繊維

納豆には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、摂取すると抗酸化作用、便通の改善などに役立ちます。腸内フローラの働きを良くする働きがあります。便通に悩んでいる方には欠かせないものです。

亜鉛の効果や効能について

亜鉛は重要なミネラルの一つであり、タンパク質の合成、アルコール分解により、アルコール性肝硬変の予防や改善には必要です。また、抗酸化作用、免疫力を活発にする、育毛を促す働きを持っています。他には、正常な味覚を形成する、血糖値を下げ、インスリンを作るのを助ける等の作用があります。男性にもこの亜鉛は必要で、子孫繁栄につながる男性機能を改善する効能もあります。

亜鉛が足りないとどうなる

亜鉛欠乏症になると人間の成長が止まる危険があります。実年齢とは全く違う年齢に見えた例もあります。これは所謂老化現象による年齢の見え方の変化とは全く異なるものであります。赤ちゃんだったら、発育不全になってしまいます。亜鉛の効能であった免疫力の向上は望めず、反対に低下します。その上、抗酸化作用も少なくなり、病気にかかる可能性も増えます。そして気分が落ち込みやすくなり、精神的疾患になる可能性もあります

スポンサードリンク

亜鉛を過剰にとるとどうなりますか?

亜鉛の過剰摂取による過剰症についてですが、ポイントは一日に100mg以上を継続してとると過剰症になることです。亜鉛の取り過ぎは体の中の銅の吸収を妨げ、銅不足になり、吐気、嘔吐、発熱、脱水症状、倦怠感、貧血などの副作用が現れます。

まとめ

『亜鉛』が必要なミネラルであると解りました。亜鉛は牡蠣やのり、牛肉、鶏肉、豚肉、わかめや昆布などの海藻類、穀類、豆類に多く含まれています。亜鉛の吸収率は30%しかありません。亜鉛を含まれている食材を組み合わせて摂ることが大切になって来ます。特にビタミンCを加えると吸収率を増やす事が出来るでしょう。

check健康の源♪納豆菌を効率良く摂取したい方はこちら➹
スポンサードリンク