大豆イソフラボンは女性を健康にする効果があります。しかし、過剰摂取は逆に罹患した病気を悪化させる可能性があります。何故、取り過ぎると行けないのかお伝えします。

納豆 イソフラボン 過剰摂取 子宮筋腫

大豆イソフラボンの働き

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに大変似ています。上手く取れば、女性特有の不快な症状を緩和します。

肌を綺麗に保ちたい、月経異常、PMSの症状で悩んでいる。貧血気味。そんな女性には積極的に適量食べれば力強い味方、乳がん,子宮がん等の病気予防にも役立ちます。

子宮筋腫

大豆イソフラボンは妊娠中や産後のお母さんに良い栄養素です。しかし、過剰摂取は赤ちゃんの脳や、生殖器の発達を妨げることもあるそうです。

他にも、成人女性ならではの病気には注意して摂取しなければなりません。婦人科の定期健診で病気を見つかる事は多々あります。中でも、子宮筋腫の患者は結構多いでしょう。経過観察で年齢と共に小さくなると医師の診断を受けた方もいらっしゃるでしょうね。

子宮筋腫は良性の筋腫ですが、大豆イソフラボンを過剰摂取し続けると逆に婦人科系の病気の悪化に繋がってしまうので注意が必要です。良性だったのに亜種になっては何にもなりません。特に婦人系の病気に罹患され治療や経過観察をされている方は少量にして下さい。サプリメントなどは医師に聞いてからにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

以上のように納豆には女性ホルモン、エストロゲンに似た大豆イソフラボンが含まれており、女性を健康にする嬉しい栄養素が沢山ある事が解りました。ダイエットで糖質を制限している方にも良い食品です。

しかし、現代は、色んなアレルギーがあります。大豆アレルギーもその一つですので身体の変調には注意しましょう。健康になりたいが為に過剰摂取してしまうと、逆効果になってしまいます。普通に豆腐や味噌汁を適量食べるぐらいではそんなに病気は悪化しないでしょう。

必要以上に怯えないで豆類(納豆、豆腐、豆乳、煮豆)を摂りましょう。上手く調理して元気になりたいものですね。

check健康の源♪納豆菌を効率良く摂取したい方はこちら➹
スポンサードリンク